ポイントサイト別ANAマイル交換方法のまとめ

ポイントサイトを利用してANAマイルを貯めているあきです。

ポイントサイトで貯めたポイントをANAマイルに交換する方法で利用されているものには、TOKYUルート(交換レート75%)、JQセゾンルート(交換レート70%)、nimocaルート (交換レート70%) があります。これらの交換方法はポイントサイトによって使えるものと使えないものがあるため、複数のポイントサイトを利用している方やこれからANAマイルを貯めようとしている方にとっては自分の利用するポイントサイトがどの交換ルートに対応しているのか把握しておく必要があると思います。

そこで、今回はどのポイントサイトがどのANAマイル交換ルートに対応しているのかまとめてみました。

ポイントサイト別ANAマイル交換方法まとめ

今回は陸マイラーの方がよく利用されている8つのポイントサイトに関して、TOKYUルート、JQセゾンルート、nimocaルートのどれに対応しているかを比較していきたいと思います。

まずは、各ポイントサイトがどの交換ルートに対応しているか表にまとめてみたのでご確認ください。

各ポイントサイトが対応するANAマイルへの交換ルート
ポイントサイトTOKYUルート
(レート75%)
JQセゾンルート
(レート70%)
nimocaルート
(レート70%)
モッピー
ハピタス
ポイントタウン
ECナビ×
ゲットマネー
ポイントインカム
ちょびリッチ
ワラウ

ECナビ以外のポイントサイトはすべての交換ルートに対応しています。ただし、3つの交換ルートの中でTOKYUルートはどのポイントサイトでもポイント交換方法は一緒ですが、JQセゾンルートとnimocaルートはポイントサイトよって複数のポイント交換方法があります。それに関しては、このあと説明するので確認してくださいね。

TOKYUルートが利用できるポイントサイトについて

まずはTOKYUルートの流れをおさらいしましょう。

TOKYUルートはポイントサイトのポイントをドットマネーを経由してTOKYUポイントに交換し、ANA TOKYU POINT ClubQ PASMOマスターカードを利用してTOKYUポイントをANAマイルへと交換するルートです。交換レートは75%で2020年現在最もANAマイルへの交換レートが高いルートになります。

TOKYUルートについては下の記事でも解説しているので読んでみてくださいね。

TOKYUルートが利用できるかについては、ポイントサイトからドットマネーへのポイント交換ができるかどうかで決まります。その点に着目すると、今回挙げた8つのサイトの中でECナビだけドットマネーに交換できません。それ以外のサイトであれば交換レート100%でドットマネーに交換できるので、TOKYUルートを利用してANAマイルに交換できます。

ドットマネーへの交換が可能なポイントサイト
  • モッピー
  • ハピタス
  • ポイントインカム
  • ゲットマネー
  • ポイントインカム
  • ちょびリッチ
  • ワラウ

JQセゾンルートが利用できるポイントサイトについて

続いてJQセゾンルートです。まずはポイント交換の流れを確認しましょう。

JQセゾンルートはポイントサイトのポイントをいずれかの経路を経てJRキューポに交換し、JRキューポ→永久不滅ポイント→ANAマイルという流れでANAマイルに交換するルートです。ポイント交換の際にはJQ CARDセゾンとみずほマイレージクラブ/ANAという2枚のクレジットカードが必要になります。

JQセゾンルートの交換レートは70%とTOKYUルートよりも落ちますが、必要なクレジットカードであるJQ CARDセゾンとみずほマイレージクラブカード/ANAがどちらも年会費がかからないというところ(*JQ CARDセゾンは年1回の利用で年会費無料)とTOKYUルートでANAマイルに交換できないECナビのポイント、ワールドプレゼントポイント、TポイントをANAマイルに交換できるというメリットがあります。

JQセゾンルートは今回挙げた全てのポイントサイトから利用できますが、ポイントサイトのポイントからJRキューポにするまでのやり方。

ポイントサイト別JRキューポへの交換方法

ポイントサイトのポイントをJRキューポへ交換する5つの方法

交換レートは全て100%

ポイントサイト別JRキューポへの交換方法

ポイントサイト
モッピー
ハピタス×
ポイント
タウン
×
ECナビ×××
ゲットマネー×
ポイント
インカム

5%の手数料
ちょびリッチ
ワラウ×

5つのポイント交換の流れECナビのぽいんとはPeX経由で、ワールドプレゼントポイントはGポイント経由でJRキューポに交換できます。またTポイントは直接JRキューポと交換できます。

ECナビ以外のポイントサイトはTOKYUルートが使えなくなったときに利用すればいいのでそこまで、覚えなくても構いません。

JQセゾンルートついては下記の記事でも必要なクレジットカードやポイント交換期間などについて解説しているので参考にしてみてください。基本的にはTポイントに手数料なしで直接交換できるサイトであればTポイントを経由してJRキューポに交換、Tポイントに直接交換できないサイトであればGポイント、PeX、ドットマネーのいずれかを経由してJRキューポに交換すればオッケーです。

nimocaルートが利用できるポイントサイトについて

最後はnimocaルートです。まずは、ルートのおさらいしましょう。

nimocaルートはポイントサイトのポイントをGポイントまたはPexを経由してnimocaポイントに交換し、ANA VISA nimocaカードを利用してnimocaポイントをANAマイルに交換するルートです。nimocaルートも今回挙げた8つのポイントサイトすべてに対応しています

nimocaルートを利用するうえで注目すべき点はポイントサイトのポイントをGポイントに交換できるかどうかです。Gポイントに交換できる場合は、Gポイントを利用しましょう。理由はGポイントを経由した方がnimocaポイントにするまでの交換期間が短くなるからです。Gポイントに交換できないサイトであればPeXを利用してnimocaポイントに交換しましょう。以下の表にあるようにPeXはすべてのポイントサイトに対応しています。

Gポイントに交換できるポイントサイト
ポイントサイトGポイントへの交換PeXへの交換
モッピー
ハピタス
ポイントタウン×
ECナビ×
ゲットマネー
ポイントインカム
ちょびリッチ
ワラウ×

nimocaルートについては下の記事でも必要なカードやポイント交換の注意点などを解説しているので参考にしてくださいね。

ANAマイルを貯めるのにおすすめのポイントサイト

ここまで8つのポイントサイトがどの交換ルートに対応しているか、また、各ルートを利用する時のポイントサイトごとの交換の流れなどを解説してきました。しかし、実際問題すべてのポイントサイトを使い分けるのは大変なので、基本的には使用するポイントサイトを絞って、交換レートが高いTOKYUルートを利用するのがいいと思います。その中でも特におすすめなのが次の3つです。

モッピー

モッピー!お金がたまるポイントサイト

1つ目がモッピーです。会員数が700万人以上とポイントサイトの中でも最も多い人気のポイントサイトです。マイルを貯めるにしても、その他のポイントを貯めるにしてもとりあえず登録しておいて間違いのないサイトで初心者にもおすすめです。

モッピーのおすすめポイントはTOKYUルートを使って10,000円分のポイントをANAマイルに交換するとおまけで1,500円分のポイントがもらえるキャンペーンが利用できることです(月1回まで)。これを利用するとTOKYUルートの交換レートが実質86.3%になります。なので、ANAマイルを貯めたい人はぜひ登録しましょう。

ハピタス

その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス

次におすすめなのはハピタスです。ハピタスのおすすめポイントは特徴的な紹介制度です。他のポイントサイトにも紹介制度はありますが、ハピタスの場合だと紹介すればするほど自分が広告を利用した時にもらえるポイントもどんどん増えていきます。それを利用すればたくさんポイントを獲得できるので、大量のANAマイルを貯めることも可能になります。

ポイントタウン

ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン

3つ目がポイントタウンです。ポイントタウンのおすすめポイントは他のポイントサイトと比較してもらえるポイントが多めなところです。同じ案件でももらえるポイントが多いほうがANAマイルもたくさん貯められます。また、たくさんポイントがもらえるレストランや通販などのモニター案件が豊富なのもおすすめできるポイントです。

おわりに

各ポイントサイトがどのANAマイル交換ルートを利用できるか、また、同じ交換ルートでもポイントサイトにある違いについて解説してきました。基本的にはECナビ以外であればTOKYUルートを利用するのが誰にでもできる方法なのでおすすめです。ただ、どのポイントサイトもJQセゾンルート、nimocaルートにも対応はしているので、今後仮にTOKYUルートが使えなくなっても高レートでポイントをANAマイルに交換する方法まだあるということは覚えておいてもらえたらいいなと思います。