JQセゾンルートでANAマイルを貯める方法

こんにちは、あきです。

今回はJQセゾンルートを利用して様々なポイントをANAマイルに交換する方法について解説していきたいと思います。

ANAマイルを貯めるために多くの人が行っていることと言えば

  • ANAカードやSPGアメックスなどで決済を行う
  • ポイントサイトでポイントを稼いでTOKYUルートに交換する

だと思います。

基本的には、これらで十分ですが、JQセゾンルートと呼ばれるポイント交換方法も使えるようにしておけば次のようなメリットがあります。

JQセゾンルートのメリット
  • TOKYUルートが閉鎖されたとしても高レートでポイントをANAマイルに交換できる
  • TOKYUルートで交換できない以下のポイントをANAマイルに交換できるようになる
    • ポイントサイト「ECナビ」で貯めたポイント
    • JRキューポ
    • 永久不滅ポイント
    • Vポイントのボーナスポイント(三井住友カード(株)のカードで貯まるポイント)
    • Tポイント

*厳密に言えばJRキューポ、永久不滅ポイント、Vポイント、TポイントはTOKYUルートでもANAマイルに交換できます。しかし、これらのポイントはポイントサイトのポイントと異なりJQセゾンルートの方が交換レートが高くなるので、ANAマイルに交換するならJQセゾンルートを利用するのがおすすめです。

JQセゾンルートはANAマイルへの交換レートが70%のため、75%のTOKYUルートよりも交換レートは落ちますが、ANAマイルを貯める方法を増やしてくれるとても便利なポイント交換方法なので、ぜひ当記事を参考にして開通してみてくださいね。

JQセゾンルートでANAマイルを貯める方法

JQセゾンルートを利用して、ポイントサイトで貯めたポイントを70%のレートでANAマイルに交換する流れは次のようになります。

JQセゾンルートのポイント交換の流れ

このルートを見ると人によっては

「けっこう複雑だな」、「覚えることができなそう」

と思うかもしれません。なので、

「自分の貯めているポイントをどうやったらJRキューポ or Tポイント or 永久不滅ポイントに交換できるか

これだけを考えてください。図を見れば分かるとおりこの3つのポイントのいずれかに等価交換できれば最終的にもともと持っていたポイントを70%のレートでANAマイルに交換できるようになります。

私もマイルを貯めるために複数のポイントサイトを利用していますが、JQセゾンルートを利用したANAマイルへの交換方法はサイトによって異なります。

例えば、ECナビの場合は

  • ECナビ→PeX→Tポイント

とポイント交換をしてJQセゾンルートを利用するしか方法はありません。

一方でハピタスの場合は

  • ハピタス→Gポイント→JRキューポ
  • ハピタス→ドットマネー→Tポイント

のいずれかの方法でJQセゾンルートを利用することができます。

その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス

また、陸マイラー御用達のモッピーに至ってはドットマネーやGポイント、PeXを経由させてもいいのですが、

  • モッピー→Tポイント

とほぼ直接JQセゾンルートの流れに乗せてポイントをANAマイルにすることが可能です。

モッピー!お金がたまるポイントサイト

もちろんECナビ以外のポイントサイトは現状TOKYUルート(交換レート75%)を利用したほうがより多くのマイルをゲットできます。

しかし、今後ずっとTOKYUルートを利用してポイントをANAマイルに交換できる保証はないので、ポイントサイトを利用してANAマイルを貯めている方であれば、JQセゾンルートを開通させておくことをおすすめします。

*ポイント交換ルート閉鎖の例としてはソラチカルートがあります。2019年12月27日をもってLineポイント→メトロポイントの交換ができなくなり、交換レート81%のソラチカルートが閉鎖されてしまいました。

さて、ここまではJQセゾンルートを利用して様々なポイントをANAマイルに交換する流れについて解説したので、

この後はJQセゾンルートを開通させるために最低限必要なクレジットカードを2枚紹介します。

JQセゾンルートに必要なクレジットカード

JQセゾンルートを利用してポイントをANAマイルに交換するためには最低限次の2つのクレジットカード必要です。

  1. JQ CARD セゾン
  2. みずほマイレージクラブカード/ANA

どちらも基本的に年会費はかからないと考えてよいカードなので、JQセゾンルートを利用したい方はぜひ発行してみてくださいね。

必要なカード1:JQ CARD セゾン

まずはJQ CARDセゾンです。JQ CARDは九州で使用するとお得な特典を受けることができますが、発行するだけなら誰でもできます。

JQ CARDセゾン
  • 年会費:税込1,250円(年1回の利用があれば無料)
  • ポイント還元率:0.5%(ご利用額200円につきJRキューポが1ポイントが貯まる)

JQ CARDがあるとJRキューポと永久不滅ポイントの相互交換ができるようになります。

JQポイント:1,000ポイント⇔永久不滅ポイント:200ポイント(交換レート100%)
*永久不滅ポイントの価値は1ポイントあたり5円相当

また、JQ CARDセゾンがあるとTポイントとJQポイントの相互交換もできるようになります。

JQポイント:1ポイント ⇔ Tポイント:1ポイント (交換レート100%)

したがって、JQ CARDセゾンはJQセゾンルートを利用するのに必要なので、必ず発行するようにしましょう。

JQ CARDセゾンの発行は下記の公式ページから申し込むことで発行できます。

JQ CARD セゾンの申し込みはJQ CARDセゾン公式ページから

なお、時期によってはポイントサイトに広告が出ている場合もあります。その場合は、ポイントサイト経由で申し込みをした方が多くのポイントをもらえるのでおすすめです。

また、JRキューポをTポイントや永久不滅ポイントと相互交換できるようにするためには、

  • JR九州Web会員への登録
  • JR九州Web会員サイトにてJQ CARDセゾンのカード情報の登録

が必要になるのでこちらも合わせて行うのようにしましょう。

JR九州Web会員への登録はJR九州の公式ホームページから

必要なカード2:みずほマイレージクラブカード/ANA

JQセゾンルートの利用に必要なもう1枚のカードがみずほマイレージクラブカード/ANAです。このカードはクレジットカードとみずほ銀行のキャッシュカードの両方の機能を持ったカードになります。

みずほマイレージクラブ/ANA
  • 年会費:無料
  • 還元率:0.5%(ご利用額1,000円につき永久不滅ポイントが1ポイント貯まる)

このカードを使うことで永久不滅ポイントをANAマイルへ交換することができます。

永久不滅ポイント:100ポイント⇒ANAマイル:350マイル (交換レート70%)
*永久不滅ポイントの価値は1ポイントあたり5円相当

永久不滅ポイントからANAマイルへの交換はこのカードでなくても永久不滅ポイントが貯まるカードを持っていればできますが、その場合は交換レートが60%になります。

したがって、より多くのマイルをゲットするためにはみずほマイレージクラブカード/ANAを使った方がいいというわけです。

みずほマイレージクラブカード/ANAの申し込みはみずほ銀行の公式ページからできます。

もし、みずほ銀行のキャッシュカードを持っている場合は、みずほマイレージクラブカード/ANAへの切り替え申請をするようにしましょう。

  • みずほ銀行の口座を持っていない方のみずほマイレージクラブカード/ANAの申し込みはこちら
  • みずほ銀行の口座を持っている方のみずほマイレージクラブカード/ANA申し込みはこちら

*どちらもみずほ銀行の公式ページにアクセスします。

JQセゾンルートのポイント交換にかかる期間

それぞれのポイントをJQセゾンルートでANAマイルへ交換するまでにかかる期間は、だいたい1ヶ月~2ヶ月です。その内訳は以下のようになっています。

JQセゾンルートのポイント交換にかかる期間の内訳

まず、ポイントサイトからドットマネーやGポイント、PeXといった中継サイトへの交換にかかる期間はポイントサイトによって異なりますが基本的には即時~3日程度です。

そして中継サイトのポイントからJRキューポを経て永久不滅ポイントにするまでには、長くても2週間もあればできます。

ただし、永久不滅ポイントからANAマイルにするまでにはけっこう時間がかかります。

セゾンカード公式ページ内にある永久不滅ポイントからANAマイルへの交換について説明されたページを確認して頂ければ分かると思いますが、交換期間に幅がある理由は特にありません。そのため、なかなかANAマイルに交換されなくても根気強く待ちましょう。

みずほマイレージクラブカード/ANA限定のセゾン永久不滅ポイント→ANAマイル交換ページ

おわりに

今回はポイントサイトで貯めたポイントを交換してANAに変えるJQセゾンルートについて解説してきました。TOKYUルートより交換レートは劣りますが、ポイントサイトの広告利用でもらえるポイント次第ではJQセゾンルートを利用した方がたくさんマイルをゲットできることもあるので、ぜひJQセゾンルートも開通させて使ってみてくださいね。